【ヒゲカジトーク】関西レジェンドクラブ2017年展望

レジェンドマッチをやろう!

2017年1月31日

関西レジェンドクラブが2015年3月に活動を始めて、もうすぐ2年になる。これまでのところ、日本代表戦のパブリックビューイングをはじめ、レジェンドマッチやトークイベントなどを行ってきた。「ウェブサイトのリニューアルを機会に、もっと活動していきたい」。梶野代表、今年の関西レジェンドクラブの活動展望を語る。

梶野 智 関西レジェンドクラブ代表

みんなが絶対にやりたいレジェンドマッチ。

関西レジェンドクラブとして今年いちばんやりたいのは、レジェンドマッチです。関西Jクラブの元選手たちとサポーターの前で試合がしたい。たくさんの昔の仲間が集まって、試合して、懇親会ではいろんな話や仕事の情報交換ができたらいいですね。レジェンドマッチ、今年はぜひやりましょう。

関西レジェンドクラブのレジェンドマッチは面白いですよ。なぜって、プレーしているレジェンドたちが真剣に楽しんでいるから。興業って何でもそうだと思うけれど、やっている人間が本当に楽しんでいると、試合も盛り上がるし見るほうも楽しめるんです。2015年の夏に行われたレジェンドマッチも、レジェンドたちは嬉々としてプレーしていました。ぼくも試合に出たけれど、最高に気持ち良かった(笑)。みんなそれぞれ仕事が忙しかったり遠方に住んでいたりで、参加するのがなかなか難しいレジェンドもいます。でも、実際に試合になればすごく盛り上がったし、試合の後はそれこそ「もう一度やりましょう」「また呼んでください」っていう声がたくさんありました。

みんな、元はプロのサッカー選手です。試合になれば自然とスイッチが入る。「絶対に負けたくない」。この気持ちは今も変わらないですね(笑)。試合でゴールを決めたら、それこそ最高の気分です。ぼくは、現役時代はDFでゴールを取らせない側でしたが、レジェンドマッチではFWをやってゴールを決めたいと思っています(笑)。

 

サッカーを見る人は、全員正しい。

関西レジェンドクラブのパブリックビューイングは、一緒に観戦するだけではなく、試合についてみんなでいろいろ話せる場にしたいと思っています。これまでも、試合の前後やハーフタイムにぼくが解説を入れたり、来場者と質疑応答したりしてきました。

サッカーの現場を知っている人と、それを応援する人とでは、試合の見方は違います。でも、どちらが正しいというものではなくて、サッカーを見る人は全員正しい。いろいろなサッカーの見方・楽しみ方があっていいんです。だから、来られた方には何でも話してほしいですね。ぼくも、何でもしゃべりますよ。うわべの発言はしない、本気のトークです。「ここでしか聞けない話」が聞けるのは、関西レジェンドクラブのイベントの特長だからね。

今のところは日本代表戦のパブリックビューイングがメインですが、もしもサポーターからリクエストがあれば、関西Jクラブのアウェイ戦のパブリックビューイングをやっても面白いと思っています。大阪だけではなく、京都や神戸でも一緒に応援できたらいいですね。

 

レジェンドの立場でセカンドキャリアを考える。

サッカー選手にとって理想のセカンドキャリアは、やはりサッカーの仕事でしょう。でも、それ以外の道を模索する人もいます。現在、関西レジェンドクラブが行っているセカンドキャリアへの取り組みは、引退した選手の起業をサポートすること。まだ始まったばかりですが、経営支援のノウハウがある株式会社NYIと業務提携を結び、レジェンド側の意見も交えて具体的なプランを検討しています。

プロサッカー選手が引退する年齢は、平均で26歳前後。そこから全く違うキャリアが求められる一般企業に勤めるのは、簡単ではありません。それなら、サッカーに打ち込んできた情熱を自分の会社に打ち込める環境をつくりたいと考えています。

 

関西レジェンドクラブの活動も、これからが本番です。関西のサッカーを盛り上げて、現役のプレーヤーも引退後の活躍も、一緒に応援していきましょう。